特殊油脂分解・水性電解水使用
古くから汚点を処理する方法として、各家庭で行われたものです。
一昔前までは木綿、麻、ウール等が主で、水洗しても繊維や
染色に事故が出にくい素材が多く、この水洗が一般的に利用され、
名称も現在に至っております。

一般に「洗い張り」は清水にて、石鹸類を使用して行うものをそう呼びます。
また「生洗い」は、水では事故の出る繊維や染色物を、
石油系溶剤で洗うことを言います。
今日では繊維や染色物はもちろん、浸や汚点と呼ばれるものにも
化学的なものがあります。

たとえば、「泥ハネ」と呼ばれている浸でも、
以前は土汚れが一般的でしたが、
現在では舗装化された道路が多くなりタールやピッチ、
そして車のタイヤゴムの油性物質や、排気ガスの油性物質、
その他種々の化学物質が付着している「泥ハネ」が増え、
その処理にも複雑なものが多くなりました。

汚点の鑑別には、油性の汚点・水性の汚点・化学的な処理の必要な汚点の3つに大別できます。

そこで、Kimono/craftツチモトは「洗い張り加工」でお預かりした商品を、浸別に分類して、それらに添った処理を行っています。

多くは、一般水洗だけではなく、油性物質を処理する
絹精洗を行ってから、水溶性汚点処理目的の水洗、
石鹸洗いを行います。

そのため、一般的な処理よりも、手間と日数をかけて、
最良の処置を行っています。


 きものを「洗い張り」にだされる、「動機」、「目的」には、つぎのことがあります。

汚れ 「シミ」、「ヨゴレ」などで、「汚染」がひどくなったため、「汚染を除去」するために、洗いに出す場合です。
体型の変化 「体型が合わなくなった」ために、「仕立て直しをするついで」に、洗いに出しておこうとされる場合です。
定期的な洗い 「何となく、長い間置いたまま」なので、「きものの保存のため」に、一度、洗いに出しておこうとされる場合です。
色彩の再生化 「何となく、色が鮮えないので」京染店にすすめられるとおり、「色彩が真新しくなるなら」、一度、洗いに出しておこうとされる場合です。







※とにかく、「きれいにして欲しいわ」とお考えの着物がございましたら、
  Kimono/Craft ツチモト(E-mail)で、診断させていただきます。
  お気軽にご連絡ください。








京の職人さん][きもの総合病院][ひといろさん][ガード加工][きもの展示館][きもの用語Q&A][TOP
Copyright(c) Kimono/Craft TSUCHIMOTO 2001-2020 All Rights Reserved