キモノ 着物


きもの
【金彩加工】 【刺繍加工・繍い紋】 【描き紋・抜き紋・入れ紋】 【京仕立て】

 染めあがった着物や洗い直した着物に、さらにオプションで手を加えれば豪華にもシックにも、オリジナルデコレーションができます。
 また、いくら洗ってもしみの黄色い色が残ってしまう場合も、オプション加工でカモフラージュすることができます。
●金・銀・箔などを使って、ぼんやりしていた絵柄を華やかに表現することもできます。そして驚いた事に、真っ赤な花の色を渋い茶色に見せることができるのが金彩加工金彩加工なのですよ。

●花・かわいい小動物・鳥・イニシャルなどであなたの着物や帯を自由なイメージで飾れる京刺繍京刺繍はいかがでしょう。

●それら図柄を背中にひとつ縫い紋繍い紋にして、あなただけのおしゃれ紋としても素敵です。もちろん、家紋を繍い紋にするのもOK。

●しかし、礼装用としての五つ紋付や三つ紋付には手描き紋を入れるべきですね。

こうして、ご自分のイメージどおりの着物が出来上がれば、あとは身に合うように仕立てれば良し。ここでしくじらないように、京仕立てをおすすめします。



京仕立て
 どんなに素敵な反物も仕立て上げなければ身につけられません。その仕立ての技術によって、良し悪しが決まります。素材を見極めて、着る人の身になって、まごころを込めて仕立て上げるのが「京仕立て」です。
 最近では、中国や東南アジアなど海外縫製されるものが増加し、着物の本来の魅力を表現しきれていない仕立ても懸念されます。日本人の心とでも言うべき「きもの」は、美しく染め織られた反物を、一人ひとりの体形や感性に合わせて、仕立てられるべきもの。その技術と精神は「和裁士」によって今日まで継承されてきたのです。
 Kimono/craft ツチモトの「京仕立て」は、仕立て替えやリフォームなど、「物を大切に使う」精神性を育みながら美しく個性を表現する工夫を重ねた、まごころ仕立てです。まず、きものの各部名称と標準寸法を見て頂きましょう。

きもの
◎きもの(女物)標準寸法 (身長158cm〜160cm)
きもの名称
きもの名称


お仕立てに関するご相談、ご質問、何なりとこちらへ。
BACK



ツチモト


京の職人さん][きもの総合病院][ひといろさん][ガード加工][きもの展示館][きもの用語Q&A][TOP
Copyright(c) Kimono/Craft TSUCHIMOTO 2001-2017 All Rights Reserved